初心者による初心者のためのゲームアプリ作成 1

今から3~4年前、アプリを作成したいと思い、独学でプログラミングを勉強していた時期がありました。しかし、当時、作りたいアプリが思いつかなくて、徐々にフェイドアウトしていってしまいました。ところが最近、ゲームアプリ開発のアイデアを思いつき、このブログを書きながらアプリ作成を再度、勉強としようと思ったところです。

初心者による初心者のためのゲームアプリ作成

初心者がアプリを作成するうえで、最も苦戦するのは、プログラミング言語を覚えるといった学問的な壁ではなく、アプリ作成環境の整備、準備だと思います。なぜなら、プログラミングを行うには、プログラムを記述するためのソフトウェアがパソコンにインストールされている必要がありますし、記述したプログラムをパソコンにインストールできるように変換するソフトウェアや、動作の確認をするためのソフトウェアなどが必要になるからです。



私も初めは、このアプリ作成環境の整備に非常に苦労しました。通常市販されているパソコンのスペックでは、アプリ作成に必要なソフトウェアが重かったり、動かなかったりしたからです。また、最近、プログラミングに必要なソフトウェアを統合的にまとめた「統合開発環境」(IDE)などと呼ばれているものがありますが、このソフトウェアは確かに便利ですが、初心者向けのものではありませんし、通常市販されているパソコンのスペックでは、その穏健をいただくことはできません。

クラウドで動作する統合開発環境の登場

クラウド(インターネット上で利用できるサービスを、雲の上にソフトウェアが置かれているというイメージ)に統合開発環境(IDE)が置かれることで、初心者でも、アプリを作成することが可能となりました。なぜなら、パソコンとインターネットを使える環境さえあれば、プログラミングを行うことが可能だからです。このことは、初心者には非常にありがたいことです。パソコンに専用のソフトウェアをインストールする必要はありませんし、パソコンのスペックもあまり気にすることはない。しかも、無料で使える。日本のアシアル株式会社が、そのサービスを提供しています。その名は、Monacaです。

クラウドで共通のプログラミング言語を使ってアプリを作成

アプリが活躍する場であるスマートフォンのOSには、AndroidやiOSがあり、そのOSごとに別々のプログラミング言語を使わなければならないというアプリ作成方法もありますが、Monacaでは、OSの種類を問わず、共通のプログラミング言語(HTML/CSS/JavaScript)を使ってアプリを作成します。すなわち、Monacaで作成したアプリは、AndroidとiOSのどちらでも動くので、作成したアプリを友達、家族等に披露する場合に、それぞれが違うOSのスマートフォンを持っていても、同じように動かすことができるのです。初心者には、すごく嬉しいことですよね。それでは早速、https://ja.monaca.io/にアクセスして、アカウントを登録しましょうか。

今回はここまでで。次回は、Monakaのアカウント登録からMonacaデバッカーの利用までを書ければと思っています。

 

 

コメント