原作シリーズ累計800万部を突破したあの”ダンまち”が初の本格スマホゲームとして登場

小説2,000ページを超えるオリジナルストーリー

原作シリーズ累計800万部を突破したあの”ダンまち”が初の本格スマホゲームとして登場しました。大森藤ノ先生 完全監修の小説2,000ページを超えるオリジナルストーリーが、全編フルボイスで楽しめます。もちろん、原作のストーリーも収録されておりますので安心してください。好きな冒険者を編成してオラリオやダンジョンを駆け抜けましょう。豪華スタッフ・キャスト陣が集結した本格RPGゲームをぜひ一度お試しください。



コマンドバトルRPGゲーム

本アプリは、人気ライトノベル「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(通称ダンまち)」の世界観を再現したコマンドバトルRPGゲームです。プレイヤーは主人公のベル・クラネルやヘスティアなどのおなじみのキャラクターが住む世界で、原作の物語を追体験していきます。 バトルはターン制で、パーティに編成したキャラクターのコマンドを選択して戦っていくコマンドバトルになっています。敵の属性を考慮しながらMPを消費する技やゲージを消費して行う必殺技を繰り出していくのが勝利の鍵になります。ゲーム内のストーリーシーンはアニメ版の声優陣を起用しており、全編フルボイスで展開されます。原作者の大森藤ノ先生監修による小説2000ページ分のオリジナルストーリーを楽しめるのがファンには嬉しいポイントですかね。

ダンまち~メモリア・フレーゼ~PV 「真夏の恋の冒険譚」編

バトルで使用する技

バトルで使用する技は、MPを消費して発動します。その効果は「敵単体に弱威力のすばやい物理攻撃」や「味方全体に弱威力のHP回復技」などいろいろあります。必殺技は★3以上のキャラクターが持つもので、攻撃すると溜まるゲージを消費して発動します。その効果は「敵全体に強威力の闇属性魔法攻撃」などがあります。

登場するキャラクターはガチャで入手

登場するキャラクターはガチャで入手します。ステータスの他に、技や必殺技、常時スキルやタイプなどが設定されています。アシストキャラクターはパーティに編成するキャラクターに装備するキャラクターで、これもガチャで入手します。ステータスの他に常時スキルが設定されており、装備するとステータスが上昇しますよ。キャラクターは主にバトルでの経験値で強くしていきますが、その他にも、アイテムを消費して行う熟練度強化や限界突破、マス目を解放して行うステイタスボードなどがあります。交流はおなじみのキャラクターたちの着せ替えなどのコミュニケーションが楽しめる機能。交流できるキャラクターや新しい衣装はガチャで入手して増やしていきましょう。キャラクター個別のクエストやストーリーなども用意されており、そのキャラクターとの親密度レベル(CP)を上げることで新しいものが解放されますよ。パーティ編成は、コスト制限などはなく、通常キャラクター4体+アシストキャラクター4体の計8体で編成します。プレイヤーレベルは10になると追加でサブメンバー2体を編成することができます。

下記にレビューをまとめたものを記載しておきます。参考にしてください。

ユーザーの感想

◆ストーリーがたっぷり詰め込まれているので、原作を見ていなくても十分に楽しめる。フルボイスのストーリーシーンのおかげでアニメを見ている感覚で遊べる。しかし、熟練度強化のアイテムが手に入りづらく限界突破のハードルも高めなので、育成に時間がかかる。
原作を見ていなくても十分楽しめるので、RPGゲームが好きな人は、一度遊んでみるといいと思いますよ。


スポンサーリンク