結構評判がいい 『 光と闇の対決 〜輪廻のFight Song〜 』を紹介

ゲームアプリの情報をネットでウロウロ見ていたら、『 光と闇の対決 〜輪廻のFight Song〜 』が結構、評判がいいので、ここで、紹介してみようと思いました。参考にしていただければ幸いです。



ゲーム内容

『 光と闇の対決 〜輪廻のFight Song〜 』、最大12名でのチーム協力対戦が楽しめる、3Dアクションゲームです。プレイヤーは個性豊かなヒーローたちを操作し、仲間と協力しながらバトルの勝利を目指していくというものです。ゲームはオンライン対戦がメインで、3人×4チームで戦う「チーム乱闘」と、5人×2チームで戦う「協力バトル」の2種類があります。また、ヒーローのアバターを変えると、スキルの演出も変わります。ヒーローはバーチャルパッド操作でフィールドを自由に移動し、アイコンタップで攻撃とド派手なスキルを繰り出します。そして、バトル中、自チームの本拠地内であればいつでも操作ヒーローの変更が可能です。味方や敵の編成に合わせてヒーローを変更すれば、バトル1回の間に様々な立ち回りや戦略を楽しめそうです。

ゲームモードは2つ

ゲームモードは2つあります。3人×4チームで戦う「チーム乱闘」と5人×2チームで戦う「協力バトル」です。バトルの制限時間はどちらのモードも8分間となっています。チーム乱闘は敵を一番多く倒したしたチームが勝利となるバトルロイヤルで、フィールド内に「星のエネルギー」というアイテムが随所に出現するのが特徴です。エネルギーを一定数集めるとステータスを一時的に大幅に強化できます。また、協力バトルは敵陣地の「庭」と呼ばれるオブジェクトを破壊したチームが勝利となります。一般的なMOBAのルールと同じですね。

ヒーロー

ヒーローはアバター変更で見た目を変えることもできます。また、ヒーローはショップで購入可能となっています。バトルで経験値を得るとヒーローの「熟練度レベル」がアップし、バトル時に発動する特殊効果が強力になっていきます。さらに、ヒーローには戦闘タイプがそれぞれ設定されており、近接攻撃系の「ファイター」、回復で支援する「ヒーラー」、遠距離攻撃が得意な「シューター」など様々な種類が存在します。戦闘タイプによってバトル中の立ち回りが変わってくるので、色々なヒーローのタイプを試してみるといいかもしれません。

精霊

バトルに「精霊」という仲間を1体、連れていくことができます。精霊はアクティブスキルと、「精霊タレント」というパッシブスキルでヒーローをサポートする役割を持っています。「精霊タレント」は敵を倒すと手に入るコインを消費し、バトル中に解放・レベルアップさせていきます。精霊タレントを強化するほど、バトル中のヒーローが強くなっていくのが実感できると思います。また、精霊もヒーロー同様、バトルで得られる経験値でレベルアップしていきます。レベルアップすると各スキルの効果が上がり、見た目も変化するので面白いです。攻撃力を上げるタイプや、回復に長けているタイプなど、様々な種類の精霊がいるのでヒーローと相性の良い精霊を連れていくといいですよ。

クラブ

クラブは、チャットを使って他プレイヤーと交流できる場所となっています。チャットは任意の文字を打つことはもちろん、表情豊かなスタンプ、アバターのモーションも送れるので、様々な感情を表現することができるので、面白いと思いますよ。チームメンバーの募集や作戦会議など、バトルだけでなくプレイヤー同士のコミュニケーションも楽しめることができますからね。

最後に

『 光と闇の対決 〜輪廻のFight Song〜 』は、ヒーローの種類が豊富かつ、キャラクターデザインが秀逸です。また、スキルで敵を数体倒せた時がとても爽快で気持ちいいですよ。なお、このゲームは、ヒーローを購入できるためリセマラ不要ですね。アンインストールをしてもデータが残ったままですしね。以上、結構評判がいい 『 光と闇の対決 〜輪廻のFight Song〜 』を紹介でした。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です