【Selpy(セルピー)】スマホで撮った写真を売るアプリです。

写真販売アプリ【Selpy(セルピー)】とは

【Selpy(セルピー)】とは、スマホで撮った写真を販売することが出来るサービスのアプリです。使うのはスマホだけです。【Selpy(セルピー)】では、企業からの写真リのクエストに対して、自分の写真を投稿(出品)すると、企業が写真を購入してくれるという仕組みです。また、写真の売上金は、ポイントなどではなく銀行振込で、現金で受取ることができます。意外にも、写真を売ることができるネットサービスは多々ありますが、基本的にどのサービスサイトもデジカメで撮影した写真じゃないといけなかったり、パソコンで応募しなければいけなかったりするものばかりでした。その点、【Selpy(セルピー)】は「スマホ専用アプリ」なので、スマホにアプリを入れたら直ぐに写真販売を始められるという便利ものです。なお、iPhone、Androidの両方に対応しています。



どういう写真が売れるのか

【Selpy(セルピー)】では、現在募集している写真のテーマのことを『出品リクエスト』と呼んでいます。アプリの【HOME画面】では、企業が現在募集している出品リクエストの一覧が表示されます。例えば、
1.笑顔の写真
2.コンビニで売っているお気に入りのチョコレートの写真
3.パジャマ・ルームウェアをテーマにした写真
4.ヨガポーズの写真
5.ハンバーガーにかぶりついている写真
6.子供を肩車している写真
7.子供の歯磨きタイムの写真
8.友達との楽しそうな写真
9.お気に入りの柔軟剤の写真
10.学校の日常の写真     などなどです。
『出品リクエスト』では、商品や風景などの写真リクエストも多いので、顔出し写真でなくても売れるのでプライバシー的要素を気にすることなく気軽に出品できます。また、すでに自分のスマホに入っていそうな身近な『出品リクエスト』もありますし、結構、日常でスマホで撮影しやすいものばかりあります。写真の売値=企業が買い取る際の値段は、リクエスト内容によって異なります。簡単なリクエストの写真ほど安くなるといった感じですかね。リクエスト内容やその時のリクエスト数によっても異なりますが、30円〜2,000円くらいまでのリクエストがたくさんあります。

【Selpy(セルピー)】アプリの使い方

①アプリをスマホにインストールします。

②スマホに【Selpy(セルピー)】をインストールできたら、【Selpy(セルピー)】アイコンをタップして起動してください。

③会員登録方法
【新規登録ボタン】をタップして、会員登録画面へ移動します。項目に入力します。
1.性別をタップして選択
2.生年月日を選択
3.スマホの電話番号を入力
4.SMSメール(ショートメッセージサービス)に4桁の認証コードが届く
5.4桁の認証コードを入力して【認証ボタン】をタップ
6.『認証コードを確認しました』という画面が表示されたら【OKボタン】をタップ
登録完了(HOME画面が表示されます)
なお、【Selpy(セルピー)】の登録・利用などすべて無料です。
※ 『通知設定の許可』を求められる画面が表示されたら、【許可】をタップしてSelpyからの通知を許可しておいてください。(稼げる金額に影響がでますから)

【HOME画面】では、リクエスト一覧が表示されます。まずはどんなリクエストがあるかをザクっとチェックしてみてください。「えっ!?こんな写真も売れるの」って思うものもありますよ。【リクエスト詳細画面】では、『買取金額』や『買取残り枚数』『注意点』などを確認することができます。また、【ギャラリー】をタップすると他のユーザーが出品した写真の一覧が見られます。ギャラリーは自分が出品する際にとても参考になりますので、どんな写真が出品されているのか一度チェックしておくといいです。気になるリクエストがあったら【Myリクエストに追加ボタン】をタップすると、【Myリクエスト画面】に追加されます。出品時にショートカットできるのでとても便利な機能ですので活用してください。

出品(写真販売)の手順

リクエストに沿った写真をすでに持っていたり、すぐに撮影できる場合は【リクエストに出品◯◯円 ボタン】をタップして出品操作を進めていきます。自分のスマホに保存されている写真の一覧が表示されますので、スマホに入っている写真から出品する写真を選択します。※『カメラへのアクセスの許可』を求められる画面が表示されたら、【許可】をタップして【Selpy(セルピー)】アプリで自分の写真にアクセスできるように設定してください。
また、選択した写真は出品する前に加工することができます。【Selpy(セルピー)】には、『明るさ調節』や『ぼかし』『切り抜き』などの写真加工エフェクト機能がいろいろ用意されているので、企業側からの注意点を抑えつつ適度に加工をすることをお勧めします。。加工が終わったら、【使用】をタップして次に進みます。
【出品前の確認】では、確認事項を読んでチェックをしましょう。項目をタップすると緑色のチェックマークが付きます。全てチェックしたら【次へ】をタップして移動します。
【コメントの入力画面】では、リクエスト内容によっては、企業側から簡単な質問やアンケートを答える画面が表示されます。各項目をタップして回答を入力してください。
【リクエスト出品画面】(出品完了)では、【出品ボタン】をタップすると、最終確認画面が表示されますので【はい】をタップします。【接続中の画面】が表示された数秒後に、【Selpyへ送信が完了しました!】と表示されたら出品完了となります。通常、出品後3営業日以内に購入の可否が通知されます。

売上金の振込申請

売れた写真の売上金は、【マイページ】にある【振込申請】から自分で行う必要があります。自動的に振り込まれるわけではないので注意して下さい。【出金額】をタップして金額(引き出す金額)を入力します。入金のスケジュールは、ユーザーに『処理完了の通知』が届いてから、2〜4営業日以内に設定した銀行口座に入金されます。手数料は一律220円です。

どのくらい稼げるのか

ネットなんかで他のユーザーの情報を見てみると、いろいろですね。アプリを使いはじめて2,3日で1,000円以上は稼いだ人もいれば、月で9000円ぐらい稼いでる人もいますね。ほとんどのリクエストは簡単なテーマ内容となっているので、沢山、出品するのがいいのではないでしょうか。買取金額が高いものを優先して出品するといいです。

【Selpy(セルピー)】で写真を売るコツ

1.リクエスト内容に沿ったフォトジェニックな写真が売れるます。
2.重要なのは、企業からのリクエスト内容に合致する写真を出品することですね。
3.企業からのリクエスト内容の詳細は、【リクエスト詳細画面】で確認することができます。例えば、A.自分が撮影した写真であることB.明るい写真であること。C.SNS映え、インスタ映えするような綺麗な写真であること。D.ピンぼけしていない、画質が綺麗な写真であること。E.商品写真の場合、全体像や商品ロゴが映っていること。このような注意点が書かれています。リクエスト内容に合っていない写真は出品しても購入されないのでちゃんとポイントをおさえておきましょう。

SNSと連携すると買取金額が何倍にもなる

出品する写真をTwitterやInstagramなどに投稿すると、通常の金額にさらに買取金額が上乗せされます。リクエスト内容によって上乗せされる金額は異なりますが、例えば50円のリクエストの場合、SNSへの投稿で200円プラスされて、なんと合計250円になるということもあります。SNSをやっている方は是非。なお、「鍵付き」のSNSアカウントの場合は、基本的にNGとなるそうです。例外となるリクエストもありますので、投稿する前に詳細内容をチェックしておきましょう。また、出品用に新たに撮影するのもいいですが、すでにリクエスト内容に合った写真をお持ちならばすぐに出品することができます。保存されている写真も活用していきましょう。



通知設定を許可して最新情報をゲット

【通知設定】を許可しておくだけでも稼げる金額は変わってきます。購入金額が高いリクエストは人気があるため、早い段階で募集数を越えてしまい終了となります。最新のリクエスト内容などの情報を早くゲットできれば、それだけ売れるチャンスが増えますからね。なお、規約やルールは、【マイページ】から確認できます。出品した写真の著作権は【Selpy(セルピー)】へ譲渡する規約になっています。また、「顔出し」した写真を出品する場合は、その写真が企業の販促活動(Webや紙媒体など)に掲載される可能性があることをちゃんと認識しておいてください。自分以外の人が映っている写真の場合も必ず確認が必要です。

以上、【Selpy(セルピー)】スマホで撮った写真を売るアプリです。でした。ありがとうございました。

【Selpy(セルピー)】AppStoreで4.5点 

【Selpy(セルピー)】GooglePlayで4.4点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です