情報はスピードが勝負!お勧めニュースアプリランキング!

1位 グノシー

特徴
1.自分の興味のある情報順に並び替えてのカスタマイズが可能である。
2.自分が興味のあるジャンルの記事だけを読むことができる。
3.クリップ機能いわゆるブックマーク機能があること。
4.「続きはこちら」がない。
5.基本的にどの記事も1ページ内で完結している。
6.「元の記事はこちら」リンクは本文の後です。
7.他のニュースへのリンクはさらにその後です。
8.1つの記事のボリュームが絶妙である。

アプリを開いてニュースを読んでいるそのページ内を極限まで最適化しています。この記事の「要約力」で、グノシーの見やすさ、手軽さは成り立っていると言えます。どんな記事でも1分かからずに読み終えることが出来るのは、たいへんなメリットであると同時に、時間がない中でも何か情報を取り入れたいという欲求も満たしてくれます。

2位 スマートニュース

特徴
1.圏外でも読める。(※圏外でも読める、というのは「前回開いた時の情報が残されていて読める」ので、半日ぶりに圏外状態で開いたら情報は半日前のもの。)
2.グノシーがいる限り2番手という印象は否めない。
3.広告が多いこと。
4.最低限の機能はカバーしているという感じがある。
5.各ニュースはそれぞれ配信元のサイトに飛ばされる。(そのためニュースごとに読み込み速度に違いがある。)
6.英語版でも読むことができる。

スマートニュース最大の売りは、設定をインターナショナルにすると英語版でさまざまなニュースを見ることができること。英語の勉強をしたい方にもお勧めなうえ、国際情報は翻訳されるまでにどうしてもタイムラグが発生しワンテンポ遅れた情報になってしまうので、新鮮な海外ニュースをキャッチできるという点では素晴らしい機能ですからね。


3位 Antenna

特徴
1.雑誌、webマガジンなどの情報をまとめて確認できること。
2.洗練された写真やデザインであること。
3.アプリ起動画面はまさに「おしゃれ」そのものであること。

月刊誌のような雑誌、webマガジンといった情報をまとめて確認できるアプリです。トレンドのお店や、ファッションにビジネスといった様々な雑誌の情報を受け取ることができます。主な購読層に女性が多いということもあるのかアプリでの写真やデザインが非常に洗練されている印象を受けます。

4位 ハッカドール

特徴
1.アニメ、漫画、声優などのカルチャー特化型であること。
2.その他のジャンルは皆無です。
3.オタクカルチャー全般を「広く浅く」カバーしていること。
4.「広く浅く」の記事の選別が秀逸であること。
5.アニメ、漫画、声優といったジャンルのみに完全特化している。
6.検索履歴やウォッチ機能によるカスタマイズでより使いやすくなる。
7.まとめて放映予定をチェックできる「アニメリスト」が超優秀です。

使用しているうちに、「ウォッチ機能」により、使えば使うほど興味のないニュースは表示されにくくなり、気になる内容だけが表示されるようになります。この機能は、このアプリ最大の強みです。とはいえ旬のジャンルを幅広く扱っている上、手軽でカスタマイズも自由自在というところは非常におすすめできるニュースアプリです。特にアニメ、漫画、声優などが好きな人に向いています。

5位 JC News

特徴
1.まとめサイト等の記事にピンポイント(たらいまわしにされないで済む)で「飛ぶ」ニュースアプリ
2.表示させるジャンルの編集が楽です。
3.取扱いジャンルは「人気」「新着」「アニメ」「ホビー」「ゲーム」「声優」「マンガ・ラノベ」「ポケモンGO」「English」「イベント」「グルメ」「一般」。
4.ハッカドールとは同タイプのニュースアプリではあるが異質である。
5.「ニュースアプリ風まとめサイトアプリ」がJCニュース
6.読みたい元記事にすぐ飛べる。

このアプリ最大の売りは、まとめサイト特有のいわゆる「たらいまわし」がないこと。ピンポイントで目的の記事に飛ぶことができます。特にインターネットブラウザを使ってまとめサイトを読むことの多い方はかなりストレスフリーになれるかもしれないのでお勧めですよ。ただ、表示される情報の正確性のリスクについては、まとめサイトと同様ですね。